2017年01月 アーカイブ

2017年1月31日 21時25分58秒 (Tue)

国見山776M??

国見山776M??

九州保険企画山口です


 




 


世知原少年自然の家主催で


 


国見山に登りました


 





2017年1月31日 15時25分10秒 (Tue)

新年会

新年会

給繽B保険企画 朝長 恵奈
日曜日、新年会がありました
肉が苦手な私にとって
魚はありがたい
お腹いっぱい食べました

2017年1月31日 9時07分39秒 (Tue)

巨大?

巨大?巨大?

お久しぶりです
九州保険企画の松本です
 
昨日なまこを頂きました?
まな板からはみ出しそうなくらい巨大?
 
橙が小さく見えます
見た目はグロテスク
 
でも美味しくいただきました

2017年1月30日 21時12分40秒 (Mon)

なに?

なに?なに?なに?なまこ でした🤗🤗 最初に食べた人 すごい😆😆
美味しく頂きました😁😁😁

2017年1月26日 22時43分30秒 (Thu)

オレンジ通信132号メダカA


九州保険企画山口です。
 

オレンジ通信 orange1@vesta.ocn.ne.jp
2013.12.1 第132号                   佐世保市西大久保町5−51  森   豊

「 メダカA 」 
       
 オレンジ社の敷地横に日宇川に流れ込む、小川というか排水路というべきか狭い水路が
ある。
30m下流には水位調整池と樋門がある。その樋門の開閉により絶滅危惧種に指定され
ているシオマネキがオレンジ社の敷地に入り込んできたりするが、お世辞にもきれいな川
とは言えない。
大雨などで増水するといろんなものが調整池に流れ込んでくる。
以前、社員からメダカが泳いでいるということを聞いてはいたが、こんな汚れた川に
メダカなぞいるものかと気にも留めていなかった・・・
ある時川を覗き込むと、いくつもの波紋が出来たので、首を出していたシオマネキが
びっくりして頭を引っ込めたのだろうと思い、よくよく観察するとメダカが泳いでいるで
はないか!
 社員のいうことは本当だったのだ。
上流の池などに住んでいたのが、増水により流されてきたのだろうか。
 メダカも絶滅危惧種になっていることは知っていたし、幸いにもメダカを飼うに適した
大火鉢があったので、当社で飼うことにした。
 現在、元気に育っているのでオレンジ社の準社員に採用することにした。
 これでオレンジ社の準社員は、宣伝部長の「だいだい」、アルバイトのアマガエルと
メダカの30人いや30匹となった・・・
取り損ねたメダカの中にオレンジ色のメダカがいたということなので、それこそオレン
ジ社に最もふさわしいメダカだとその後探し続けているが、敵も然る者なかなか姿を現さ
ない・・・
 知人に話したところ、それはグッピーという熱帯魚なのではないかと言われたが、本当
のことはわからない。

オレンジ社が大和町にあった頃、しばらくメダカを飼っていたことがあった。
地主さんが雨樋からの水を頼りにFRPの浴槽にメダカを飼っていたようだが、緑色に
よどんだその水槽に本当にメダカがいるのかなと思ったものだった。
まもなくその水槽も壊れ、残されたわずかの水に沢山のメダカが助けを求めていた。
社員みんなで助け出した。
水槽と浄水ポンプを準備し、熱帯魚を飼うような気持ちで育てることにした。
しばらくすると1匹、2匹と少しずつ死に、とうとう全滅してしまった・・・
どうしてなんだろう?
FRP水槽の過酷な生き方から比べれば、天国のような今の生き方にどんな問題があっ
たのだろうか?
 「水清ければ魚住まず」緑色によどんだ水だってメダカにとっては天国のような楽園だ
ったのではないか・・
 「やはり野に咲け蓮華草」野生には野生の生き方があり、それがメダカの生きていく術
のような気がしてならなかった。
 今度は前のような二の舞は踏まないぞ。大きな火鉢と浮き草と1日1回の餌を準備する
だけだぞ!後は恵みの雨水のみでがんばって生きのびてくれ!
それでこそオレンジ社の社員だぁ!!